5か月で1000万円!

Pocket

昨日は、IPO のアトラエ、ホープとも +130% 超と高く初値がつきました。公募株をゲットして初値売りした方は、おいしい思いができたのではないでしょうか。その後は、荒れたマーケットを反映して乱高下しています。

今日のIPOの農業総合研究所も、+78%と高い初値がついた後、ストップ高まで買われました。

さて、IPO といえば、柳橋塾ですね。なんと塾長の柳橋さんは、今年も5カ月で1000万円も儲けたそうです。昨年は2250万円だそうですから、安定的に稼いでますね。一流企業のサラリーマンの年収をかるく超えています。

現在、期間限定ですが無料動画を公開中です。公募のゲットの仕方、また、ゲットできなくてもセカンダリー投資で稼ぐ秘訣がわかります。

私も例年12月など、IPOラッシュとなったときにセカンダリーに参戦するので、勉強させていただこうかな。

無料動画はこちら(リンク)

レポートのプレゼントもあるそうです。

 

 

Pocket

ローリスクハイリターンの IPO 投資法

Pocket

ここのところ難しい相場が続きますね。

そんな中、ローリスクハイリターンの投資として、優位性が圧倒的に高いのが IPO 投資でしょう。

特に、有望な新規公開株を上場前にゲットできると、軽く +50% や 2倍になっちゃったりします。当選するにも、ちょっとしたコツがあり、最近、私も小技を使って有望株をゲットできました。

エンジュクの柳橋さんは、ここ1年で 2,250万円も稼いだんですね。すごいですね、たぶん本業より稼いでますよね。

現在、柳橋式IPOプロフェッショナル講座の無料動画3回分(リンク)が、期間限定で公開されています。儲ける手段を増やしたい方にはチャンスですね。

私もどうやったら当選するのか、教えてもらおうかな。(笑)

 

 

Pocket

初店頭 IPO撃沈!マザーズバブルに期待!

Pocket

初めて店頭でゲットしたスターアジア REIT は、公募価格10万円に対して、初値99,100円と公募割れでした。

ビギナーズラックならずでした。トホホ。

しかし、来期ベースの分配金利回り等々を勘案すると、やっぱり割安だと思うのですが。

まぁ、今後に期待したいと思います。

それにしても、株式市場は強くなってきましたね。特に、マザーズ指数は3年にわたる長いボックスを明確に上抜けてきました。

7月に上場されるマザーズ先物の思惑もあるようですが、マザーズバブルが来たら面白いなと考えてます。

 

 

Pocket

IPO 配分ありました。ビギナーズラック来るか!?

Pocket

さて、初めて店頭証券口座で IPO を申し込んだわけですが、さっそく配分がありました。

スターアジア不動産投資法人(REIT)です。4/20 上場。

いきなりが REIT IPO っていうのも、まぁ微妙といえば微妙なんですが、とりあえず頂けたので期待だけはしたいと思います。

一応、配当利回りで 6% 以上あるので、下値は堅いと勝手に思っているんですけどね。でも、今一つ人気はなかったようです。

ともあれ、数百万円分頂けたので、10% くらい抜けないかと妄想中です。ビギナーズラック来るかな?

 

 

Pocket

いまさらですが、店頭証券口座開きました

Pocket

ホントいまさらですが、店頭証券口座開きました。もともと昨年開こうと思ってんですが、ずりずり今になってしまいました。

本を読んで、食わずきらいも何かなと。とりあえず食べてみようかと。

そもそも正直言って、POの鞘どりなど、2%くらいのサヤ抜いてどうすんだ?くらいにしか思ってなかったのですが、よく考えてみたら、自分はもっとせこい、優待クロスで0.5%のサヤを抜いているではないか!(笑)

ついでにIPOも時々もらえるなら、とりあえずやってみようかと。途中でバカバカしくなったら、やめようと思ってます。何事もやってみないとわからないので、雨の中、店頭証券口座を2つ開設してきました。

新しいことをするのは好きな方なので、証券マンと証券レディとどういうやりとりが起こるか楽しみにしてます♪

Pocket

セカンダリーチャンス

Pocket

IPO セカンダリーのチャンスの時期ですね。

最近では日本郵政3社でチャンスとなりました。その後も、初値が抑えられた銘柄にチャンスが発現しています。

アップバンクやオープンドアといったところが、リスクリワードの優位性がある状況でした。

この時期は、IPO 銘柄が集中するため、一時的に需給が崩れ、初値が抑えられる傾向があります。

業績が成長しているもの、マザーズ銘柄、人気化しそうな業種、ベンチャーキャピタルの保有状況等々を検討しながら、優位性を探していくといい結果につながりやすいです。

この辺は、柳橋さんの得意分野でしょうか。(笑)

私も、毎年この時期だけは、セカンダリーに参戦して稼がせてもらってます。

今週いっぱい続きますので、まだまだチャンスはあると考えて銘柄チェックを継続中です。有終の美を飾りたいところです。

 

 

Pocket

33%の確率で2倍増

Pocket

今年の1~3月にIPOした会社の上昇率を調べていました。

初値がついた後、安値から2倍以上になった上昇を見せたのは、21銘柄中なんと7銘柄もありました。(ちなみに +70%以上とすると11社。半分以上です。)

確率 1/3 です。すごい高確率です。

ちなみにそれらの銘柄は、日本動物高度医療センター、プラッツ、Aiming、ヒューマンウェブ、ショーケースTV、シリコンスタジオ、ファーストロジックの7社です。

3月IPOが5社あったことを考えると、3月はIPOセカンダリーチャンスでしたね。

資金が分散して初値が低く抑えられるので、チャンスが増えたのだと思います。

今年の12月やその前に同じようなチャンスが訪れるかもしれませんので、こういった急騰株の共通点みたいなもののデータを分析しています。

IPOのセカンダリーはボラティリティーが高いので難易度が高いのですが、勝ちやすい局面は年に少なくとも1回はあります。

準備をしていれば、今年の12月も短期で2倍波動の波乗りも可能ではないかと妄想しています。(笑)

 

 

Pocket

IPOバリュエーション

Pocket

最近つと思うことですが、ここのところのIPOの公募価格は高すぎるものが多い。

以前はIPOディスカウントがもっとあって、10~30% くらい安いかなぁ、と思えるものも多かったのですが、今の市場環境が良いということなのでしょう。

IPOする会社も主幹事証券会社も、公募価格が高ければ高いほど良いわけですから、資金が株式市場で吸収できそうなギリギリのところを狙って公募価格を決めているのも目立ちます。

上場早々に下方修正で話題となったGumi も高いなぁ、と思って傍観してましたが、今日上場したグノシーやリンクバルも同様です。どんだけ将来の利益を織り込んでるんだ、という公募水準です。割安さという面から買うことはとてもできません。

もうちょっとセカンダリー参加者もエンジョイできる余地を残しておいてもらいたいものです。

 

Pocket

IPO セカンダリー

Pocket

直近IPO 銘柄の初値とその後の値動きを見ていると、今年は12月以外でもチャンスがあるのでは、と考えるようになりました。

ファーストロジック、ヒューマンウェブ、日本動物高度医療センターあたりは好みの銘柄でしたが、完全にスルーしてしまいました。後の祭とはこのことです。(苦笑)

今年はIPO 数が多く、まだこれからチャンスがありそうなので、銘柄チェックの力点を若干シフトしようと思います。

4月後半の2週間も、IPO が集中しますね。どうなりますでしょうか。

 

 

Pocket

IPOセカンダリーのサーフィンインベストメント

Pocket

26日で、28社あった12月のIPOも全て上場が完了しました。

今年の12月もいい波が来ましたね。

セカンダリーでエントリーしても、十分に稼ぐチャンスはあった(ある)のではないかと思います。(ただ、IPOの波はかなり荒いので、戦略もなく売買するとすぐに撃沈します。)

昨年12月は、公募価格とほぼ同値で初値をつけたシグマクシス(6088)が、短期3倍波動のビッグウェイブを見せてくれました。

同じくダイキアクシス(4245)も、公募価格より4%だけ高く初値をつけ、今年12月の高値まで、1年で2倍波動を見せてくれています。

今年はどの銘柄がビッグウェイブを見せてくれるのでしょうか?

私も波乗りを楽しんでおります♪

本物のサーフィンとは違って、乗った時は、その波がビッグウェイブかどうかはわからないのですが、時間が経つにつれてわかってくるところが、IPO サーフィンインベストメントの面白いところです。

1月にかけて、本格的なIPO銘柄の物色がされるのでしょうね。

業績はもちろんですが、株価の強さ、そして人々を惹きつける 「新しい何か(Something New)」 を持っている銘柄に注目しています。

 

 

Pocket