最後の投稿とご挨拶

Pocket

突然ですが、2月末をもちまして、投資日記ステーションでの投稿は終了となります。今回が最後の投稿となります。

思い起こせば2014年夏にエンジュクさんに依頼を受けてから、約2年半、四苦八苦しながら個人投資家に役立つ内容を心がけて、記事を書き続けてきました。早いものです。

投資日記ステーションには、ふりーパパさんをはじめ、夕凪さんや上総介さんなど、素晴らしい投資家さんがいらっしゃいます。今後も変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い致します。

私はというと、特に変わりはありません。というよりむしろ、ますますパワーアップしていきます。

今まで以上に、ツイッターでも個人投資家に役立つ記事を発信していきますし、個人投資家としても、ますますレベルアップしていきます!

今後も変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い致します。

2017年2月吉日

DUKE。

 

 

 

 

 

 

Pocket

新興市場優位

Pocket

日本の株式市場では、新興市場が優位に推移していることがチャートでわかります。2012年のアベノミクス開始以来の主要株価指数のチャートを見ると、ジャスダック指数・平均、東証2部指数とも、新高値を更新してきています。米国のダウ平均や、SP500と同じ状況です。一方、日経平均株価やTOPIXは、いまだに新高値を更新できずにいます。相対的に弱いのが明らかに見て取れます。

今年は、為替相場が激しく動く要素が多くあり、トランプ氏の発言や、日米中央銀行の動向で不安定になるのではないかと思慮しています。その点、大型株は為替に振り回される展開かなと。

一方、内需中心の中小型株(新興市場)は、相対的に強い動きです。為替の動向もあまり関係なく、その銘柄特有の成長性を買われているものが多いようです。

今年も、時価総額の小さい、成長著しい中小型株で、新高値をとってきた銘柄に注目する。その戦略に変わりはありません。

 

 

 

Pocket

ラジオ日経 キラメキの発想

Pocket

1月31日にラジオ日経「キラメキの発想」にゲスト出演してきました。オンデマンド放送を見れます。

最近の荒れ相場にどのように対処しているか、またどのような点に注目して投資をしているかを、自身の投資法の説明をしながらお話してきました。

凄腕投資家のBコミさん、MC内田さん、記者の和島さんとともに、盛り上がった収録となりました。

拙著をお読みになった方、新高値ブレイク投資術にチャレンジしたいと思っている方、ふりーパパ投資塾生は、ぜひご覧になってください。投資のヒントが見つかるはずです。

 

 

Pocket

1月パフォーマンス

Pocket

さて、今年最初の月が終わりました。1月の個人投資家の成績が続々と出ているようです。個人投資家パフォーマンスランキングというサイトでは、優秀な投資家さんたちの成績が公開されています。

まだ集計途中ですが、ざっと9割がたがプラスとなっているようです。1月の日経平均はマイナスでしたが、反面、新興市場はプラスであったことが効いているようです。

私個人は、現在は「%」でパフォーマンスを測るのではなく、「金額」で測るようになっています。その辺の理由は、こちらのテスタさんのブログを読むといいと思います。

 

 

Pocket