変なホテル

Pocket

先日、長崎のハウステンボスにある「変なホテル」を視察してきました。実際に一泊してみましたので、簡単に書いてみます。

ご存じかもしれませんが、ロボット達が大活躍しているホテルで、受付からアンドロイドや恐竜ロボットがいる、たしかに変なホテルです。HISが運営。

変なロボットたちの様子は、こちらで見ると概要がつかめます。

コンシェルジュ、クローク、ポーター、ちゅーりロボ、窓ふきロボ、芝刈りロボといろいろいました。だいたいが許容範囲で、それなりのまともな対応をしますが、部屋にあるちゅーりロボのちゅーりちゃんだけは、いくら頑張っても会話になりませんでした。(笑)

そのほかのポーターロボの使い勝手も今一つで、まぁ、初めてだからもの珍しくて使おうかなという感じでした。こどもたちもロボット達に興味津々で喜んでいました。

ホテルの部屋は、新しいこともあり悪くありませんでした。空調設備も新しい設備を入れるなどの工夫がありました。

しかしながら、ハイシーズンの料金はかなり高く、同じ料金ならもう泊まらないかなという感じ。物珍しさで一度は泊まるが、そのあとリピートするかどうかは料金次第。

したがって、ロボットを使ってコスト効率化を図り、低料金を提供できるかが、今後、このホテルが拡大できるかのカギを握りそうです。

2号棟が来年3月に首都圏にもできるので、行ってみたいという方は、一度は泊まってみるのもいいと思います。

ただ、恐竜ロボットだけはグロくてどうも好きになれませんね。写真もきょわい・・・。(笑)

変なホテル

変なホテル2

 

 

Pocket

座敷わらしに会いに行ってきました①

Pocket

以前に書きましたが、ミュージックセキュリティーズという会社は、なかなか面白いファンドを組成しています。ワインファンドやら、コーヒーファンド、鯨ファンドに、にんにくファンド。基本的に、そういった特産品などの事業を応援する目的で作られています。

そんな中、ずいぶん前に「座敷わらし」ファンドに出資をしました。火事で焼けてしまった旅館の再建を応援する目的で、募集されたものです。

その焼けてしまった旅館とは、岩手県二戸市の金田一温泉にある「緑風荘」。以前からマスコミでもたびたび取り上げられていた、座敷わらしが出ることで有名な宿です。

私は10年以上も前に予約にトライしましたが、3年先まで予約でいっぱいという恐ろしい状況で、宿泊するのはあきらめていました。そこへ、火事で焼失してしまったと聞いてとても残念に思っていました。2009年の話です。

ところが、その後、ミュージックセキュリティーズ経由の個人投資家の支援が2年ほど前に始まり、今年5月にめでたく再建、営業再開を果たしました。

5口以上の出資者には優先予約権と宿泊割引が付与されることから、先日はるばる岩手県まで泊まりに行ってきました。そのときの不思議体験をシリーズもので書いていきたいと思います。

座敷わらしの宿

Pocket

億万投資家名鑑(日経マネー)

Pocket

今日発売の日経マネー11月号は、特別付録として「日本の億万投資家名鑑」が付いています。著名投資家の特集ですが、巻頭の片山晃さんの記事は面白かったですね。すでに運用資産100億円というのもすごいですが、現在の市場をどう見ているかが参考になりました。

片山さんは若いですが、本当に才能あふれる大投資家ですね。投資スタイルが似ているので、刺激や勇気をもらいつつ、いつも参考にさせてもらっています。私も自分の道を進んでいけば、100億円という数字は達成可能だと考えています。モチベーションあがるなぁ。(笑)

巻末の投資家交流図も面白かったですね。今号は私を含め、エンジュクの講師陣が多くでているので、ひとくくりにイベント投資家としてまとめられていましたのが、笑えました。

また、本誌の68ページには、著名投資家の情報ソースが開示されています。v-com2 さんも書かれていましたが、参考になるので一読するといいと思います。ちなみに、個人的には、その次のページの「投資家のためのツイッター使いこなし術」も参考になりました。(笑)

日経マネー11月号表紙

 

Pocket

東京ゲームショウに行ってきました

Pocket

今週末に幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ」に行ってきました。しかし、モノすごい人で疲れました・・・。急きょ行けることになったので、前売り券ではなく、当日券を買ったのですが、買うのに30分。そこから入場するのにもさらに15分くらいかかりました。この時点で、だいぶお疲れモード。

しかし、お目当ては何と言ってもVRです。VRコーナーに直行しました。

しかし!なんと、プレイステーションVRの体験整理券はすでに売り切れ。ほかのブースも売り切れ続出だったり、順番待ちに60分~180分だったり、とにかく大変でした。(来年は、ビジネスディに行きたいなぁ・・・。)

そんな中でも、VR体験は5~6回することができました。プロダクションIGのブレイブ・ウィッチーズ、リコーの360度VRカメラ、クリーク&リバーのアイデアレンズ、双日のブース等々。

ものによってはVR酔いを起こすものもありましたが、一度経験済なので、そういうものはすぐに中断しました。VR酔いは、ホントにVRの普及を妨げる要因になりうるものです。体と脳が別々の認識をするのが原因で起こるもののようで、気持ち悪くなるのです。

そのほかにも、ソニーのVRブースを外から眺めたり、ボルテージの椅子ドンやオフィスラブを眺めたりと結構楽しめました。プレステVR楽しそうでした。

これだけの熱心なファンがいることも驚きでしたが、これからはVR、ARの時代が来ることも確かめられた気がします。

それにしても、VRのゴーグル(ヘッドマウント・ディスプレイ)だけでもいろんなメーカーが出してますね。オキュラスリフト、HTCのVIVE、プレステのSONY、ほかにもめっちゃありました。戦国時代始まってますね~。

ソフトもこれからたくさん出てくるのでしょう。VRが普及してくると、またお化け銘柄も出てくることでしょう。楽しみですね!(笑)

(写真などはツイッターにあげているので、見たい方はこちらにどうぞ。)

 

Pocket

パソコンの引越し(優待にて)

Pocket

家にあるPCを Windows7 モデルから、Windows10 モデルへと買い換えました。約6年ぶりです。

パソコンの引越しは、中身のデータを含め簡単にできると思っていたのですが、どうも 7 → 10 への引越しはなかなか時間がかかりそうだったので、試しに業者を使ってみることにしました。

利用したのはジャパンベストレスキューシステム(JBR)。生活救急車です。株主優待券を利用して、PC引越しを依頼しました。

来たのはJBRの下請けのPC業者でした。結局、3時間ほど苦戦して完了。ブラウザのお気に入りなど順番や表示などを含め、完全に復元することなどを希望しましたが、さすがにそれは無理でした。

料金は移行データが20ギガ以内で、およそ3万円でした。普通では、この作業に3万円は払いませんが、今回はすべて優待券での支払いだったので、実質はその1/10くらいです。悪くありません。

JBRは、そのほかにも、家の中のお掃除をしてくれるので、次回はそれを利用してみるつもりです。キッザニアの優待が廃止になり人気が落ちているようですが、意外といいかもしれません。(笑)

 

 

Pocket

暴落の初動?

Pocket

まぁ、相場の先行きなんぞ当たらないのを承知で言っていますが、金曜日に書いたことが、いきなり来た格好になりました。

米国SP500のVIX指数は40%近く跳ね上がり、今日は日経のVIも17%急騰しました。米国の利上げや、大統領選挙のリスク(ヒラリーの健康問題発生でトランプが・・・?)等々、いろいろなものを織り込みにいくような気もしています。

日柄的にも調整となりそうですが、どこまで調整するかですね。個人的には、調整(ひょっとすると大幅調整)の初動ではないかと見ています。

日本の新興市場もここらでまた頭を抑えられるのでしょうかね。2部指数やジャスダック指数を見ていると、そんな感有です。

いずれにしろ、ここからは無理は厳禁です。

Pocket

警戒

Pocket

拙著でもご紹介したオニールの天井サイン。ディストリビューション日を数えています。

先日の会場セミナーでご質問がありましたが、SP500で8月に9回発生しています。(うち1回のストーリングを含む。)これは、かなり多いです。

NYダウでは7回です。しかも2つの指数とも、小さな山形でやけに値幅が狭く、ボラティリティーが極端に小さくなっています。

SP500のVIX指数は、このところ11~12台で、これは過去25年における最低レベルに近いものです。ボラティリティーは、低下と上昇を交互に繰り返す傾向がありますが、昨年8月のチャイナショック以降は、低下と急騰をサイクル的に繰り返しています。

米国経済は堅調と言われており、両指数ともたしかに昨年の高値をわずかに上回っています。そして2009年3月から続いた上昇も7年半という、過去のデータ(平均4年)からも長期に及んでいます。

9~11月は、アノマリー的にも急落が多い時期です。この時期の安い時に買って、翌年5月に売れという格言もあります。

昨年は、NYダウ創設以来、大統領選挙の前年に初めて年足が陰線になったそうです。(120年の歴史の中で初めて。)

今年の日経平均は、年初から6連続安という歴史的な記録を作りました。

何かの前兆でなければいいが・・・と思いながら今年はずっと警戒してきました。ここからが本当の正念場という気持ちで、市場を見ています。

まずは、今月のFOMCと日銀会合ですね。無理は禁物です。

 

 

Pocket

どうでもいいことですが・・・

Pocket

拙著の担当編集者と本の売れ行きの話をすることが多いです。東洋経済としては、新刊でもっと売りたいという気持ちが強いのですが、発売から2か月も経つと中古本の存在が気になったりします。

なので、私もときどきアマゾンで中古本の様子を見たり、投資本のランキングを見たりします。中古本は見ていると、まとめて出たりしている(かつ新刊より数十円程度わずかに安い)のですが、ニーズがあるのかすぐに無くなってしまうようです。

著者の立場からすると、新書で売れてくれた方が印税収入が発生する(=寄付金額が増える)ので嬉しいのですが、中古は中古でニーズがあるから致し方ないとこなんですかね・・・。

 

 

Pocket

印税の寄付

Pocket

私がサポートしている公益社団法人「チャンス・フォー・チルドレン」のブログで、拙著をご紹介して頂きました。

拙著の巻末で書いた通り、著者印税の全額を先の熊本大震災および東日本大震災の復興支援の為に寄付させていただきます。

実は本がどれくらい売れるかわからないまま、発売日直後の7月4日に100万円を先行して寄付させて頂きました。おかげさまで、その後、順調に販売が伸び、4刷目まで行きましたので、追加で寄付ができる見込みです。

この場を借りて、拙著をお買い上げになったみなさまに御礼申し上げます。

「チャンス・フォー・チルドレン」は、こどもの相対的貧困を解決し、やる気があるのに自分ではどうしようもない環境におかれたこどもたちを支援する活動をおこなっています。(活動紹介ムービーはこちら。)

理念や運営がかなりしっかりした組織であり、支援を受けたこどもたちが、支援をする側にまわり、支援の輪が永続的に広がるという好循環をしている魅力的な団体です。

私は、印税による一時的な寄付だけではなく、毎月の寄付で安定的に支援するCFCサポート会員としても、末永く応援していきます。代表の今井さんをはじめ、素晴らしい団体ですので、支援者が増えることを願って、今後もときどきご紹介とご報告をしていきます。

自分のできるところからコツコツと。徳を積ませて頂いております。感謝!

 

 

Pocket

セミナー参加者のみなさまへの御礼とメッセージ

Pocket

昨日は、永田町にてエンジュク主催の成長株投資合同セミナーをおこないました。私にとっては初めての会場セミナーで、ふりーパパさんとの合同セミナーでした。

1万円という安くはない有料セミナーにもかかわらず、200人近い方々にご参加いただき、本当に感謝しています。また、サイン会には、60名近くの方々に並んで頂き、恐縮と共に、ありがたい気持ちでいっぱいでした。懇親会にも多くの方々に参加して頂き、また、積極的にたくさんの質問をしていただきありがとうございました。

みなさん、拙著から何かしらを得たり、気づいたり、感じたりできたものと嬉しく思いました。2回も3回も読みました!という方や、本が付箋でいっぱいになっていた方も多く、著者冥利に尽きるとはこのことだと実感しました。

「この本が、まだ見ぬ誰かの人生を変える」という強い思いで書き上げましたが、本当にそうなることを願っております!!

サイン付の本をヤフオクとかで売らないでくださいネ!(笑)

ちなみに、私は強運を持っています(ホントかどうかはともかく、そう自分で信じることも大事!)から、サイン付の本を持っていることで、少しはラッキーがあると思っています。サイン会で握手をさせて頂いたことも、実はそういう思いからさせて頂いていました。

嫁からは、よく、おめでたい発想をすると笑われますが、「自分は持っている、ツイている」と信じることで、強運を呼び寄せてきたのではないかと思っています。東洋経済の担当者が言うには、運気の強い人の本はなぜか売れるそうです。

セミナーでは内容をかなり詰め込み過ぎたので、早口になったり、聞きづらかった点もあったと思いますが、どうかご容赦ください。

セミナーから少しでも、自分の投資活動へ実践すること。これが最も大切です。まずは、1年の反省からやってみて下さい。

「実践→反省→改善の繰り返しが儲かる投資家への王道」と申し上げましたが、ふりーパパ投資塾が最強の近道です。セミナー参加者には特典がついていますので、ぜひこの機会をとらえて下さい。(試してダメなら、すぐやめればいいだけの話です。)

再び会場セミナーをやるかどうかは未定ですが、みなさんの強い要望があれば、またおこないたいと思っています。

みなさんの投資での成功、ハッピー投資ライフを願っています!!

DUKE。

 

 

Pocket