あ~、最低の夏休み!

Pocket

昨日まで一週間ほど、夏休み最後の旅行に行っていました。

旅先から株価の暴落を眺める羽目になりました。

今年の利益もかなりぶっ飛びました。夏休みの強制終了を食らった気分です・・・。

さて、そんなこんなですが、いつも考えていることは、「どうやったら生き残れるか」ということ。「勝つことよりも負けないこと」。

世界のマネーは、新興国から先進国へ動いています。世界的な金融緩和で溢れ出たマネーが、本国回帰の流れになっています。

その中で日本の立ち位置はどうでしょうか?

今回の急落時の資金の動きは、過去とは違うものを感じました。世界のスマートマネー(賢い投資家達)が、日本の株式市場から逃げ出すスピードの速さに驚愕しました。単なる調整の域を超えていました。

そして、アベノミクス相場を牽引してきた先導株群は、軒並み崩れました。これは私にとっての危険シグナルです。

今後の株式市場の戻り方に注視していきます。日経平均が高値を奪還してくれば、みんなハッピーですが、どちらかというと高値を切り下げていく動きになるのではないかと想定しています。

今後1~2年以内のどこかで、長く続いた上昇相場が突然終わりを告げる。世界的な金融緩和が史上最高であった分だけ、逆もまた然り。ショック死的な終わり方を想定しています。

アベノミクス相場の終わりの始まり。そうならないことを願いつつ、その前提で、今後の投資スタンスを変更していきます。

 

 

Pocket

豪華客船で世界一周

Pocket

相場は夏休みそっちのけの動きになってますね。世界の資金の動きを注視しています。

さて先週は、世界一周をする豪華客船の見学会に行ってきました。横浜の大桟橋に停泊中のオーシャンドリーム号です。

豪華客船1

旅行好きであることと子どもの刺激にもなるだろうと考えて、船内を探検してきました。(ちなみに、この体験会は一人500円と有料です。)

5階から入船するとこんな感じでした。

豪華客船6 ホール

客室階はこんな感じ。かなり広いです。というか長い!(笑)

豪華客船2

一番高価なお部屋はこんな感じ。バルコニー付のツインです。スタンダードなお部屋は、当然バルコニーはありませんし、バスタブもないのですが、この部屋は完璧でした。ベッドはここだけシモンズ。

これで世界一周105日間3食付で、一人約400万円也です。

豪華客船3 ペアバルコニー2

それに比べて対照的な部屋がこちら。窓なし4人相部屋。これで世界一周105日間3食付で、一人約130万円也。1/3 ですね。でも、旅友達は間違いなくできそうです。

豪華客船4 4人相部屋

洒落たピアノバーもあったりします。

豪華客船5 ピアノバー2

他のラウンジでは、サルサダンスなどもやってました。クルーズ中は、そんなこんなで時間を過ごすのでしょう。

デッキには、小さいですがプールやジャグジーもありました。その他、サウナやスポーツジム、バスケットコートなどもありました。(どれも超ちっさい!)

まぁ、世界一周でこの価格は悪くないのではないでしょうか。おそらく、この船よりもランクが上の豪華客船もたくさんあるはずです。

見学会の参加者は、定年後の年配の方が多かったですね。株の会社説明会に来る年齢層とダブってます。(笑)

ご興味のある方は、こちらのサイト(リンク)をご覧ください。

春休みのショートクルーズもあるということなので、仮申込みをしてしまいました。あ~、衝動買い!

 

Pocket

超富裕層マンションのデザイナー

Pocket

相場は本格的な調整局面ですね。

さて先日、ご縁があって超富裕層マンションの建築士さんにお話を伺う機会がありました。

建築、設計に加え、内装のインテリア用品等のセレクションやセッティングまでおこなっている会社、ミサワアソシエイツ(リンク)の社長さんです。

富裕層向けの都心部のマンション、ザ・レジデンス三田や、パークマンション赤坂氷川坂パークマンション三田日向坂三番町パークテラス”桜苑”パークマンション白金台パークコート元麻布などなどの設計・デザインを手掛けています。

ご覧になるとわかりますが、どれもいわゆる億ションです。5億ションクラスも珍しくないようです。

内装も手掛けています。これはプラウド南麻布のモデルルームです。

富裕層マンション

富裕層マンション プラウド

いいですね!住みたい!(笑)

リゾナーレ小渕沢もあります。

富裕層マンション2 リゾナーレ

富裕層マンション2 リゾナーレ2

癒されますね~♪

ミサワさんの神宮前にあるオフィスへ伺い、息子さん(投資仲間)ともどもお話を伺いました。オフィスも洗練されていて、あちこちに創造性を感じられるものが見受けられました。

オフィスの隣にギャラリー(リンク)もありました。珍しい品の数々が展示・販売されていました。モデルルームもあります。

最近、不動産の勉強をしていることもあるのですが、こういった洗練されたセンスのあるデザインや空間に触れることは大事だと考えています。何より自分が心地よくなります。

こういった何かを創造する仕事って素晴らしいと思います。もし、私が高校生に戻れて、大学の進路を選べるならば、こういった建築・デザインの方面に進みたいです。デカい海峡にドデカい橋なんぞ架けてみたいです。

オフィス内部を見ていても、お話を聞いていても、超一流の方はやはり違うなということが、あちこちからわかりました。

何より自分の仕事が大好きで、大好きだからご飯を食べるように、当たり前に様々な新しい知識を吸収していくし、それを自分のものにしていく。そんな過程が楽しくて仕方ないんですよね。

そして夢中でやってると、いつの間にやら気づくとすごい実績が積みあがっている。

投資家とも共通する点がありますね。(笑)

 

 

Pocket

日経マネーの取材

Pocket

日経マネーの取材を受けました。3か月前に発行された7月号以来、2度目です。今回は、ライターさんだけでなく、副編集長さんまで取材にいらしたのでビックリしました。

・7月の中国・ギリシャショックをどう切り抜けたか。どんな投資行動をとり、何を考えたのか。

・下半期の相場見通し、投資戦略

についての質問に答えました。

下半期の米国利上げ時の戦略、それと、私が危険シグナルとして日頃から注視している先導株について、具体的に銘柄名を挙げて2ページにわたり説明されています。

10月号は今日発売です。戦略もろもろ皆さまの参考になれば幸甚です。

日経マネー10月号表紙

 

Pocket

水上バイクと話題の新マリンスポーツ

Pocket

相場の方は、調整模様になってきましたね。

さて、今年の夏はいろいろと新しいことをやって楽しんでおります。

先週は、特種小型船舶操縦士免許を取得してきました。いわゆる水上バイク免許です。

水上バイク1

夏はマリーンスポーツが気持ちいいです。水上バイクは、グアムなどの海外では免許無しで乗れたりしますが、日本では免許が必要です。

(ちなみに1級小型船舶免許は無事に取得できましたが、水上バイクを操縦するには、別途専用免許が必要です。)

水上を風を切って走るととても気持ちいいです。オートバイで風を切る気持ち良さとは別物です。水上なので爽快です。

夏ということもあり、免許を取りに来る人も結構多かったです。モーターボートやクルーズ船と比べると、手軽に気楽に乗れるのがいいところです。

上達するとこんなことも出来ちゃうみたいです。(笑)

水上バイク2 宙返り

それと、水上バイクつながりで、最近話題の新しいマリンスポーツを見つけました。

これです。

水上バイク3 フライングジェットボード

フランスで開発された「フライングジェットボード」。 水上バイクの噴射口を利用して、両手足からウォータージェットが噴出します。

実際にやっている人を見ましたが、意外とすぐにバランスがとれるようになって楽しそうでした。これもやってみたいですね。(笑)

楽しいことをしよう委員会の新ネタですね。保有株がぶっ飛ぶのも楽しいですが、これで自分がぶっ飛ぶのも超楽しそうです!

水上バイク3 フライングジェットボード2

 

 

Pocket

株主優待でボリジョイサーカス

Pocket

先週は(というか今週も?)、夏休みということもあり、家族そろってボリジョイサーカスに行ってきました。

以前にも書いた(リンク)バリューHR(6078)の株主優待でゲットしたものです。

大人になってからサーカスを見たのはこれで3度目なのですが、トップレベルでした。レベルが違いました。

さすがロシアの国立のサーカス団です。約4,000人ものアーティストとスタッフ、6,000頭以上の動物 、約70ヶ所の常設・仮設劇場をもつ、世界最大のサーカス組織です。ロシア全土から集まった優れた人材を鍛えあげたアーティスト集団であるこのサーカス団は、ロシアの誇りであるそうです。納得です。

実際に、世界最高レベルの演技だろうなということが素人目にもわかるほどすごく、そして楽しかったです。大人も子ども楽しめました。2時間があっと言う間に過ぎてしまいました。

今回は動物は、熊、馬、猫、犬と4種類でしたが、動物もののサーカスは面白いです。

また、空中ブランコや、鉄棒などの空中技の数々は目を見張るものがありました。驚愕のシーンも多々ありました。ホント!見て良かった。

株主優待は様々ですが、こんな素晴らしいサーカスを見れてしまう優待はいいですね。

株式投資を楽しむ一つの方法です。

ボリジョイサーカス@幕張メッセ (4)

 

 

Pocket

「学力」の経済学

Pocket

今日は本の紹介です。実は Avexfreak さんから教えて頂いた本なのですが、とても素晴らしい内容だったので、取り上げることにしました。

特に、こどもを持つ親、さらに言えば、小さいこども、就学前のお子さんを持つ親は読んでおくべき一冊です。

著者の教育経済学者の中室牧子氏は、この本の中で、科学的根拠を元に、親が抱く様々な素朴な疑問に答えています。

ゲームやテレビは子どもに悪影響なのか?

教育にはいつ投資すべきか?

勉強させるために、ご褒美で釣るのってどうなの?

などなど。

特に印象に残ったのは、子どもの褒め方。

テストの結果が良かった時に、「あなたは頭がいいのね」と子どものもともとの能力を褒めるやり方と、「あなたはよく頑張ったわね」と努力を褒めるやり方のどちらが効果的か?

答えは、努力を褒めるやり方。

テストの結果が悪かった時に、もともとの能力を褒められていた子どもは、「自分は才能がなかったからだ」と考え、その後の頑張りが少なくなる一方で、努力を褒められていた子どもは、「(能力の問題ではなく)自分の努力が足りないせいだ」と考えて、その後の頑張りにつながるということでした。

これを知っているだけでも、子どもの才能を伸ばすのに大きな差がでます。読む価値のある一冊でした。

学力の経済学 表紙

 

Pocket

自分の投資スタイル

Pocket

最近、いろいろな株式投資家さんと交流することも多くなりました。

みなさんの投資スタイルは多種多様で、傍から見ていても、すごいなぁと思うことが多々あります。

超短期間のスイングで機敏に売買したり、私が思いもつかないような視点から儲けの機会をとらえたり。

自分の保有株がモタモタしている時など、特に隣の芝が青く見えてしまいます。自分がノロマな亀のように思える時もあります。

でも、これが自分のスタイルなので、仕方がないんですよね。自分の性格に一番合っている投資法ですから。

ミネルヴィニも言っていますが、大事なことは、あれこれといろいろな投資法をかじるよりも、捨てるべきものは潔く捨てて、自分の投資法の専門家になること。それを貫く大切さを説いています。

いい時もあれば、悪い時もある。全てを許容して、自分の投資法と上手に付き合い、そして改善させていこうと考えています。

 

 

Pocket

南の島で銘柄調査を楽しむ

Pocket

現在、石垣島に滞在しています。台風13号の影響で飛行機が全便欠航となったため、今日帰る予定が急遽、延泊することになりました。

旅行には数多く行きましたが、トラブルが多い旅行ほど思い出深いものになりますので、今回の台風も楽しむようにしています。

さて、そんな旅行中でも話題のお店や銘柄調査をして楽しんでます。

石垣島では、中心街にあるユーグレナガーデン(リンク)に行きました。アーケード街のユーグレナモール(旧名あやぱにモール)のすぐそばにあります。

ユーグレナガーデン1

石垣島を訪れたのは13年ぶりなのですが、オシャレなお店が増えていてビックリしました。普通に、渋谷や表参道などにあるような、イカしたお店もあったりします。本土から人が移住してきて、お店を開いている人も多いようです。

中はこんな雰囲気でした。石垣島にいることを忘れてしまう(?)洗練された空間でした。

ユーグレナガーデン2

ランチを頼むと、ドリンクが飲み放題で、その中にユーグレナ入りのドリンクもありました。ちょっと期待して飲んでみたのですが、まずかったです。まだまだ改良が必要なようですね。

ガーデンと名付けている庭で、本来バーベキューもできるのですが、行った時は庭は閉鎖されていました。大家さんとの契約で使えなくなっているそうです。

ユーグレナはいろんな企業とコラボをしています。このカフェもそうですが、お土産物やに行くと、いろいろなミドリムシ関連商品が見られます。

ロッテとコラボの梅ガムや、ファミマとコラボのサプリメント。ユーグレナ黒糖なんてのもあります。

滞在期間が増えた分、いろいろと買い物も増えてしまいそうです。(笑)

 

 

Pocket

分身が稼ぐ

Pocket

以前から宣言している通り(リンク)、現在、株は夏休み中です。

そんな訳で、今は沖縄の八重山諸島に来ています。

写真は、ちゅらさんで有名になった小浜島から、西表島を望む浜辺です。

砂浜も海も空もきれいです。心も洗われます。

小浜島から西表島を臨む砂浜

完全に投資のことも頭から離れてしまっているのですが、念の為、保有株の値動きは引け後にはチェックしています。

ありがたいことに、私が夏休み中でも、保有株たちは働いてくれています。

まさに分身ですね。

時間を味方につけ、事業を順調に成長させている会社に投資をする。目先の株価の動きに一喜一憂せずに、大きな株価の上昇を取る。

そんな考え方で腰を据えた投資をしていると、期待された利益もついてくるものです。

 

 

Pocket