不正会計で大損した株ですが・・・

Pocket

以前2月に書いたブログ(リンク)の通り、バリューHR(6078)の不正会計では大損を喰らいました。

しかし、優待銘柄であることから、例によって最低単元だけ保有しております。現在、株価は何事もなかったかのように高値圏を推移しております。(苦笑)

今回初めて優待を使用してみたのですが、これが非常に使える!

100株で6月と12月の2回で合わせて10,000ポイントもらえる(6月末は記念優待で3000ポイント上乗せ)のですが、このポイントは自社運営の福利厚生サイト(リンク)で使用できます。(1ポイントは1円相当)

特にいいのが、エンタメチケットのカテゴリー。

ドラムストラックなどのミュージカルや宝塚歌劇、ディズニーオンアイスショー、東京ドームシティーで遊べるチケット、東京ドーム巨人戦指定席などが手配可能です。10,000ポイント有れば、どれも追加料金なしでゲットできます。

我が家は子どもの夏休み用に、ボリジョイサーカス(S席)を手配しました。

不正会計を離れて、株主優待で100株という視点では、なかなかお薦めの優待株だと思います。

 

 

Pocket

幸せを感じる時

Pocket

子どもができてから、都度感じることがあるのですが、普段の何気ない生活の中で幸せを感じる時が多くなりました。

別に大きな心境の変化があったわけでもないと自分では思っているのですが、日々の生活で幸せを感じます。

我が家は子どもが3人おりまして、みんなまだ幼稚園児以下のちびっこ達なのですが、子どもといると不思議と癒されるんですよね。(大変なことも多々ありますが・・・)

特に、子ども3人を連れて近所を散歩をしていると、「あ~、幸せだなぁ」と訳もなく思います。歳なんですかね。(笑)

うちの周りはけっこう自然が豊かで、子どもを育てる環境も考えて郊外に住んでいるのですが、近所の川にみんなでカニやお魚を見に行ったり、海辺まで散歩したり、緑の野っぱらの上の空高くでさえずるヒバリを見にいったり、春のお花を観に行ったり。

子どもたちと会話しつつ、潮の満ち引きや、太陽の軌道、風が強いと海上に白波が立つことや、季節ごとの木の葉の変化などなど、いろいろなことを教えてます。子どもたちも興味津々で、いろんな素朴な疑問をぶつけてくるので楽しいです。

こういった普段の瞬間瞬間に幸せを感じ、同時にありがたく感謝しています。プライスレスな時間なんですよね。

株式投資をやって多少経済的に余裕はできましたが、いくらお金を稼いでも、1兆円稼いでも、こういう幸せは買えません。(そういった意味では、すでに1兆円を超える価値あるものを持っているとも考えられる?)

大金を稼いだからといって、達成感はあるかもしれませんが、そこに幸せなんてありません。大切なのは、その先なんですよね。

自分にとって、どこに幸せがあるのか、どうすれば幸せを感じることができるのか、それを見失わないように日々株式投資に勤しんでおります。

 

 

Pocket

しゃべりすぎた、見ないでください

Pocket

今日発売の日経マネー(リンク)7月号に、私のインタビュー記事が掲載されることになりました。

すご腕として紹介されていますが、正直、3流投資家ぶりをさらけ出しているので、お恥ずかしい限りです。

しかも、会社員としての年収やら、住まいとかのプライベートな情報も出ちゃってるので、どうしたものか・・・。

見て欲しくない所も多々ありますが、私の失態や下手くそぶりが、他山の石として、みなさんのお役にたつ所もあるかもしれません。

また、今号は個人投資家9400人の投資結果調査を集計していますので、個人的には非常に興味深く拝読しました。億万長者さんもたくさん載っており、なかなか面白かったです。

以上、恥を忍んでのお知らせでした。

日経マネー7月号表紙

Pocket

会社法規定を変更すべし

Pocket

日経平均は2万円をあっさり奪還しましたね。相場の先行きを予想しても所詮は当たらないのですが、なんかこのまま上へ行っちゃう感じですね。市場の雰囲気も良くなってきました。

さて、保有株の株主総会の日程をチェックしていました。6月末に集中するので、IRに電話するなどして、事前に予定を確認しました。

結果、どうしても出席したい企業3社が同日の午前中に重なっていました。ガーン・・・。しかも、場所もてんでバラバラ・・・。

ホントこういうのやめてもらいたいです。

コーポレートガバナンスを強化するのであれば、きちんと株主が経営陣と対話できる貴重な機会を分散してもらいたいものです。会社法の株主総会の日程規定を変更すべきだと思います。

仕方がないので、その日はあきらめて1社だけに出席ということになりそうです。どこに行こうか迷います。分身が欲しい。

 

 

Pocket

勝つ投資負けない投資

Pocket

片山晃氏(ハンドルネーム:五月)と小松原周氏の共著、「勝つ投資負けない投資」を読みました。

結論から言うと、『投資本の殿堂入り』です。素晴らしい内容でした。気持ちが奮い立ちました。

片山さんは、バイトで貯めた65万円を25億円に増やしたカリスマ個人投資家。小松原さんは、巨大ファンドを運用する現役のファンドマネジャー(機関投資家)。

それぞれの視点から書かれていますので、参考になる、というより宝のようなキーメッセージがたくさん書かれています。

片山さんの一節。

「僕にとっての投資とは、現在と未来の価値の間にあるギャップを埋める行為です。それは、変化に気付く力であり、それがもたらす未来を考え抜く発想力や想像力でもあります。この投資力の源泉となるのが、「疑問を持つ」ことです。」

小松原さんの一節。

「会社を見る上で最も重要なことは何かと問われれば、間違いなく「社長の質」と答えます。会社の業績が伸びるか伸びないかを決める要素の8割以上は、社長しだいといっても過言ではありません。」

小松原さんの言葉には、たくさんの勇気をもらいました。特に最後の第6章の「勝てる投資家のマインドセット」、そして「お金の価値と人生の価値」。

「お金の価値と人生の価値」については、小松原さんのブログ(リンク)で公開されていますので、ご紹介しておきます。

この本は、自分を奮い立たせたい時、心が折れそうになった時に繰り返し読むことになりそうです。

勝つ投資負けない投資の本表紙

Pocket

決算発表で急落…

Pocket

今日で決算発表も一段落でしょうか。毎日チェックしていますが、疲れもたまってきました。(笑)

今回の決算発表とその後の株価を見ていて思ったことは、決算内容が市場の期待に届かずに、発表後に急落するパターンが多いこと。

逆に急騰するパターンも結構あるのですが、どちらかというと下落方向に力が働いている印象を受けています。まだ調整局面の最中という感じです。

私自身の保有株も乱高下しております。ま、成長株を長期保有していると、こういう乱気流も時には通過しなくてはなりません。

調整局面の度にいちいち売っていたら2倍、3倍、時には10倍になるような株価の上昇をとらえることができないのも事実です。

2倍、3倍といえば、現在エンジュクでは、「3倍以上になる儲かる銘柄の見つけ方」として、こちらのセミナー(リンク)を期間限定で公開しています。

この投資法は、ちょうど今のような決算発表時において、上方修正を出してきた有望な新高値銘柄に投資して、比較的短期間で効率よく利益を出す手法です。

実績のある手法ですので、もう一段投資スキルを上げたい方には特にお薦めです。

 

 

Pocket

ここまでの決算で…

Pocket

決算発表が本格化しております。

ここまでの開示情報を見ていると、今期も業績が好調なセクターは以下のような印象を受けています。

・車載系電子部品、電装品関連

・人材派遣、人手不足関連

・原油安メリット関連の一部

 

Pocket

勝ち組投資家のメンタル本

Pocket

マーク・ダグラスの著書、ゾーン(勝つ相場心理学入門)を読みました。

読み手の投資レベルを選ぶ本ですが、非常に素晴らしい内容でした。表現がややこしく、難解な箇所がありますが、それを差し引いても読む価値のある本です。

投資の成績が上がらない原因の一つにメンタルがあります。メンタル面で何か問題をかかえていると、損切りすべき時に損切りできなかったり、もっとひどい場合は、エントリーの時点で損切りポイントを決めていなかったり。

なぜ、そのような心理状態になるかも理解できます。

また、兼業投資家で勝ち組だった人が、専業になった途端になぜ勝てなくなるのか。そういった点にも触れています。

この本は、「一貫した勝者となる」為のたくさんのことを教えてくれます。

おそらく投資家の習熟度によって読み取れる内容が異なると思いますが、勝ち組投資家になりたいのであれば読むことをお薦めします。

メンタルは投資スキルの一つで、極めて重要な要素です。これは、繰り返して読むべき本だと思いました。

ゾーン(本表紙)

Pocket

ネガティブサプライズ

Pocket

アーニングスサプライズ(リンク)について先日書きましたが、その中でもネガティブなサプライズがあります。

決算発表後の株価を見ると一目瞭然ですが、例えば、先週ストップ安となった富士通や、今週ストップ安となったベネッセ。昨年、資源関連の大型減損を発表した住友商事などもわかりやすい例です。

いずれも市場コンセンサスから見ると、とんでもない下方修正です。

発表の内容を見ると、今後の企業の将来性が見えてきます。

ネガティブサプライズが一時的なものなのか、それとも、まだまだこれから続きそうなのか。

そういった点にも注目すると、チャンスがあるかもしれません。

 

 

Pocket

GWの一日

Pocket

ゴールデンウィークは地味に毎年、墓参りに行っています。

我が家の菩提寺は東青梅にあるため、電車でとことこ2時間かけて家族そろって出かけて行きます。

ちょっとした観光スポットにもなっている天寧寺(リンク)というお寺です。

東青梅はとてものんびりした空気が流れていて、行くたびに癒されます。

先祖代々のお墓の掃除をするんですが、きれいにすると不思議と気持ちがスッキリするんですよね。いつもこれは何なんだろう?と思います。

ひとしきり労働を終えると、お寺の座敷を借りてお昼です。素晴らしい裏庭を眺めつつ、春のそよ風を感じながら至福の時間です。

天寧寺裏庭 (1)天寧寺裏庭

お腹いっぱいになった後、帰りは最近ちょっと有名になった塩船観音寺(リンク)へ寄り道。

ここも東青梅の駅から比較的近いです。つつじ祭りの時期ということもあり、観光客が多かったですね。

つつじがきれいでした~♪

塩観音寺

以上、とっても癒された一日でした。

 

Pocket