生活防衛で新品から中古品へ!? 小売業データ

Pocket

昨日のGDP改定値では、4~6月期の個人消費は- 5.1% と厳しいものになっています。物価上昇に給与の上昇が追いついていないため、実質賃金はマイナスとなり、個人消費が減少するのも当然です。

しかしながら、ここのところ中古品買取再販業者の売上が好調なことに気づきました。

添付は、主な上場会社の既存店月次売上状況をまとめたもの(中古本は除外)です。小売業全体と比較できるように、日本ショッピングセンター協会のショッピングセンター売上データと全国百貨店売上データも、参考までに併記しています。

中古品既存店売上推移201409

今年3月までは駆け込み需要で全般的に好調だったことが見てとれます。一方、4月、5月はその反動で落ち込んでいます。ショッピングセンター、百貨店とも7月まで前年割れの苦しい状況が続いています。

一方、中古品業者は、反動から回復してきているのがわかります。会社によって回復の時期が異なりますが、特にこの2か月は好調さが目立ちます。小売業全体の売上回復が遅れている中で、このデータは何なのでしょうか?

原因としては、生活防衛に走った消費者の新品から割安な中古品へのシフト。それに加えて、訪日外国人の売上貢献(ブランド類、アクセサリー等の高額品)があるようです。コメ兵は外国人のガイドブックに載ってますからね。割安さを外国人も求めるのでしょう。

日本政府観光局によると、訪日外国人は7月に126万人と前年比 +26%。過去最高を記録しています。ビザの発給要件の緩和と円安も効いているようです。

消費増税で厳しい中でも、このように需要を取り込んでいる会社もあるということなのでしょうか。

 

Pocket

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する