機関投資家の世界

Pocket

今週は学校関係のご縁もあって、某ヘッジファンドの現役ファンドマネジャーとトレーダーさんと食事をする機会がありました。

ちなみに私は大学時代はあまり勉強した方ではなく、門前にある行列のできるラーメン屋に行って「ダイダブル、ニンニクヤサイカラメ」などと唱える割には、大学構内には一歩も入らずに帰宅するなど、ひどいものでした。

そんな大学や高校の先輩がヘッジファンドで働いているので、実際の現場(オフィス内部)を見せてもらったり、日々の業務についてお話を聞くことができました。

聞いていて、うらやましいなぁと思ったのは、IPOする会社の社長に上場前にインタビューできたり、既に上場している会社の社長やCFOに直接話をできること。IPOの情報格差は、すでに機関投資家と個人投資家の間に、歴然とあるんだということを認識しました。

一方、大変そうだなぁと思ったのは、1か月単位のパフォーマンスが求められること。1か月でもマイナスの月があると顧客からの評価も落ちますし、すごいプレッシャーがあるようです。必然的に投資手法も限られてきます。

その点、個人投資家(特に兼業)は何のしばりもないので、マイナスの月があっても、長い目(3か月や1年単位)で見てプラスであれば何の問題ありません。超長期(5年~10年)の投資法も可能です。

機関投資家、個人投資家それぞれで、一長一短あるということですね。

このブログの読者は、ほとんどが個人投資家だと思います。個人投資家としての強みを最大限生かして投資することこそが、好パフォーマンスにつながると私は信じています。

 

 

Pocket

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する