原油安メリット銘柄

Pocket

ここのところのテーマに原油安があります。昨年の7月まで100ドル台だった原油が、今は50ドルを下回っているので急激な下落です。

たしかにこれだけ下落していれば、メリットを享受する銘柄はありそうです。海運、陸運、航空会社や電力会社などが筆頭でしょうか。

そんな中、新高値をとってきた銘柄で極楽湯(2340)があります。年初の1/5から動意付き、5日間で40%ほど上昇しています。間欠泉ですね。(笑)

極楽湯株価ヤフーチャート

私の場合、こういう出来高を伴って新高値をとってきた銘柄は、チェック対象となります。

急騰している理由は、原油安の模様。ボイラー燃料は重油が主なので、コストが下がって利益向上というのは、ありそうなストーリーです。

「これが本当か?」 を確かめるのが、簡易的なファンダ分析です。

極楽湯の今期売上高計画は、121億円。経常利益は 2億円です。さて、これで、原油安メリットがどれくらいのインパクトをもつのか?

それには、有価証券報告書の売上原価明細を見に行きます。

極楽湯売上原価明細

直近のものですが、ざっくり分析なので問題なしです。上記から、水道光熱費が15億円かかっていることがわかります。面倒なので、全部重油代として見てしまいます。

さて、この重油代がいくら下がるのか?

それには、A重油の価格推移を見ます。

A重油価格の推移

ネットで調べると上のようなグラフを見つけました。昨年7月のA重油価格は、リッター105円、12月で93円となっています。

ん?そんなに下げてない?12%程度の下落。まぁ、ざっくり15%としちゃいましょう。

極楽湯の年間重油代は、上記より15億円。この15%が、原油安メリットとすると、15億円×15%=2.3億円と出ます。まぁ、2億円で丸めましょう。

さて、すると今期計画の2億円の利益が、2+2=4億円で2倍になる ????

そんなことを考える市場参加者もいるかもしれません。2倍だと、4億円の経常利益?

現在の時価総額は 85億円。経常利益倍率 21倍!うーむ、高い!と考える市場参加者もいるかもしれません。しかも上期決算で、下方修正&経常赤字をブッぱなしてます。

私の見方は、「現在の株価はファンダメンタルのサポートは無し。急騰しているものの、いつ急落してもおかしくない状態。」 こんなざっくり分析を10分くらいでおこなっています。

それを理解した上で、株価の勢いに乗るも良し、見送るも良し。各投資家の投資ルールに従って売買すればいいことです。(ちなみに私の投資法では、見送りとなる銘柄となります。)

原油安メリット銘柄を判断する一助になれば幸甚です。

 

Pocket

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する