不正会計を喰らう

Pocket

バリューHR(6078)の不正会計の調査結果が出たようです。

結局のところ、子会社であるバリューサポート(旅行会社)において、売上計画に届かないことを恐れた担当の部長が、架空の取引等をおこなっていたということのようです。2010-2014年の5年分の修正額は71百万円。同社にしては、少なくはない金額です。

ここ数年、コーポレートガバナンスが強化される流れとなっていますが、上場企業でも子会社や、買収したばかりの会社で、こういった不正会計が起こるリスクというのはいまだにあるのですね。

会計のプロから見ると、こういった架空取引の計上というのは、発見されるのは時間の問題で、累積金額が大きくなってくれば来るほど、財務諸表(BS, PL, CF)の中で辻褄が合わなくなってきて発覚するものなのです。通常は、キャッシュの動きや残高から足がつくことが多いものです。

不幸にもこういった交通事故に遭った場合には、2次災害(さらに不正の事実が後から雨後の竹の子のように出てくる)や3次災害(会計不正以外の不正の発覚)に遭わないように、発覚した時点で一旦投げるのが正解(特に、新興企業の場合)だと思います。

後から何も出なければ結果オーライ(単なるラッキー)かもしれませんが、出てきた場合はもっと悲惨な状況も有り得ますからね。

かく言う私も事故の被害者です。犯罪被害者給付金制度の適用はないのでしょうかね・・・。(苦笑)

 

 

 

Pocket

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する