マイナス金利が会社のPL悪化へ(退職給付費用)

Pocket

日本の会計基準をつくる企業会計基準委員会(ASBJ)が、退職給付会計にマイナス金利の適用を容認する方針を決めたそうです。記事はこちら

そもそも、マイナス金利を想定していないので、議論があちこちで湧き上がっていますが、これもその一つです。

退職給付会計では、将来(定年退職時や途中退職時)支払われる企業年金(退職金)に対して、市場金利を参考にした割引率を使用して、現在価値に割り引くということをしています。金利がプラスであれば、下の図のように、期末時点の認識すべき退職給付債務は将来の金額より小さくなります。

しかし、金利がマイナスであると、期末の退職給付債務は将来の金額より大きくなるという前代未聞のことが起こります。これをASBJが認めたということです。

これで何が起こるかと言うと、期末の退職給付債務増加 ⇒ 期末の数理差異の増加 ⇒ 数理差異の償却額の増加 ⇒ 退職給付費用の増加 となり、要は、会社のPL上の費用増加という負の効果をもたらします。

ただし、通常は、従業員の平均残存勤務年数などの長期間(通常は10年超)で、当該数理差異は償却されるため、いきなりビックリするほどの費用増につながるような話ではありませんが、旧来の会社で企業年金が特に手厚い会社(郵政グループなど)は、この悪影響が、今期や来期で大きく出やすいので注意が必要です。

退職給付とマイナス金利

 

 

Pocket

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する